台湾【地震予測研究所が警告する2016年3月の地震予知】東海地震?首都直下型地震?

台湾 地震予測研究所 地震予知 東海地震 2016 3月

台湾の地震予測研究所が突如発表した2016年3月の地震予知!
東海地震
?首都直下型地震?南海トラフ?と、日本のどこでいつ発生するのか?

気になっている人も多いかと思いますが、
電気通信大学の早川教授と地震学の権威 島村英紀教授の最新情報をシェアします!

熊本地震の予言!クジラが打ち上げられていた!?

 

スポンサーリンク

台湾の地震予知研究所が発表した地震予知内容とは?

日本の地震予知研究者たちでも
日本で発生する未来の地震を予知予言することは難しいのに、
台湾の地震予測研究所が日本で起こる地震の前兆現象をつかむ事などできるのでしょうか?

素人の感覚では、
ちょっと信じられないのですが
2011年3月11日から丸5年となる2016年3月の発表ということで、
若干の不気味さはありますよね?

今回、
日本中を不安にしているこの台湾の研究所は、
どのようにして地震予測をたてているか?と言いますと、

台湾各地での【電磁波】の変動をみているというのです。

台湾における電磁波の異常値が、
日本の地震と結び付く因果関係については疑問視される声もありますが、
この地震予測研究所結構すごかったんです!!!!

というのも、
2016年2月6日に発生した台湾南部地震も
地震が発生する2日前の2016年2月4日に地震予測を発表し的中させています。

また、
2016年1月3日には、
7日以内にアラスカや日本でM6.0~M7.0の地震が発生すると予言し、
一週間以内ではなかったものの、2016年1月12日に北海道でM6の地震が発生。

また、
2016年1月24日には、
アラスカでマグニチュード7.1の地震が発生したのです。

いやー、
この台湾の研究所が2016年3月6日に発表した、

『20日以内に日本でマグニチュード7.0以上 あるいは台北でM6以上の地震が起きる』

っていう情報が、
突然信憑性を持っているように感じて来ませんか?

もう1つ怖いのは、
日本or台北と言っておきながら
どちらかというと日本の方が大地震が起こる可能性は高い!という結論であること。。。

  • 日本のどこですかぁー??
  • いつ起こるんですかぁー??

専門家の意見を聞いてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

日本地震予知界の権威!早川教授はどう見る?

2015年に小笠原諸島での大地震を的中させたことで、
日本のメディア(テレビやネットニュースサイト)から注目を浴びるようになった
地震解析ラボの代表も務める早川正士さん。

実は、
この早川氏地震も、
地震発生を事前に予測する方法として、
今回の台湾の研究チーム同様に地中のひび割れから発生する電磁波変動をみているんです。

これは気にならないわけがないと思うのですが、

台湾と日本の因果関係が不明であることは前置きしつつも、
早川さんも台湾チームの研究があながち間違えではないかもしれないということを言っています。

つまり、
2016年3月は日本のどこかで大地震が起こるかもしれないんです!

 

スポンサーリンク

 

2016年3月!日本のどこの場所で大地震が起こるのか?

ココで我々が知りたいのは、
じゃー日本のどこが危ないの?いつが危険なの?ということですよね?

この台湾の研究所はそこまで明確に示していないのですが、
武蔵野学院大学特任教授を務める島村英紀教授は、、、

日本で最も心配しているのは、、、

【東海地震】

と発言されています。

他にも、
東日本大震災を発生させた三陸沖も要注意だとか!

2016年3月6日に発表された20日以内という情報をそのまま受け取ると、
2016年3月26日までの間に発生すると考えれば良いのかもしれませんが、
この台湾の地震予測研究所が過去に的中させた地震予測に関しても、多少預言より遅れて発生していることが多いので、

2016年の3月いっぱい。もしくは4月の前半くらいまでは、
愛知(名古屋)・岐阜・静岡という東海地方から関東、東北地方まで
地震そして津波には十分に気をつける必要がありますね。

台湾から近いのは、
日本の沖縄だと思うので
沖縄も心配ですが、、w

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

台湾スタバ【タンブラーのデザインが意外!】

夏休みの【海やプールに負けない】おすすめの日焼け止めはコレ!

【韓国スタバのタンブラーが可愛い!】

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲