マレーシアに世界初!【手話が使えるスタバ】 クアラルンプールの場所はどこ?

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

全世界にあるスターバックスのコンセプトストアや、
スターバックスイブニングスなど特別感のあるスタバは最近よく話題になりますね。

今回は、つい先日マレーシア、クアラルンプールにオープンした手話の使えるスタバ、気になる場所やお土産情報など をご紹介しようと思いま~す!

 

スポンサーリンク

手話の使えるスタバ??場所はクアラルンプールのどこ?

手話の使えるスターバックスは
クアラルンプール近郊のバンサー(Bangsar)というエリアにあります。

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

バンサーはマレーシアの中でも
西洋系の駐在員の方が多く住むエリアでいわゆる高級住宅エリア。

ショッピングモールもおしゃれなお店が多く
バーやレストランも粒ぞろいです。

 

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所
画像引用元:http://www.kuala-lumpur.ws/

そんなバンサーにある
バンサービレッジ2というショッピングセンターの中に
手話の使えるスタバはあります。

 

場所はこちら↓

バンサービレッジ(2じゃないほう)の入り口付近にも
スターバックスはあるのでお間違いなく。

 

手話でどうやって注文するの?

さて、気になる注文方法ですが、
もちろん手話ができなくても注文は可能です。

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

入り口にこんな注文票がありました。

「用紙に記入して、
レジの聴覚障がい者のスタッフにお渡しください」とメッセージがあります。

 

ふむふむ、なるほど。

自分の名前を書いて、
ラテの備考欄に「豆乳」と書いてスタッフの方に渡してみました。

自前のタンブラーを持って行って、
ちゃっかりマイタンブラー割引も。

この辺のサービスももちろん通常通り。

 

いつものスタバと違うのは名前で呼び出しができないので
モニターにレシートの番号が表示されること。

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

なるほどー。
いろいろ工夫されています。

画面ではマレーシアのスターバックスが
聴覚障がいをもつ子供のためにしている活動の様子が流れていました。

スタッフの皆さんはみんな笑顔で、
手話でありがとうとあいさつしてくれます。

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

ユニフォームもオリジナルです。

お店の中はいたって普通のスタバと同じなのですが
手話でお話ししているお客さんもちらほら。

 

気になるスタバのお土産、限定品も!?

世界初のスタバ、
やっぱり気になるのはお土産。

限定品はあるのかな~?

 

ありました!

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

スタバでこんなガラスのマグカップ、見たことない!
手話のデザインとMalaysiaと書いてあります。

 

陶器のマグカップもオリジナルの限定デザインです。

こちらのカップは32リンギットと810円くらい。
あら、ずいぶんお手頃ですね。

 

そしてこちらも気になるお土産のノートブック。

スタバ マレーシア 手話 クアラルンプール 場所

はじめの数ページにアルファベットの手話や
こんなスタバで使える手話の手引きが書いてあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

新しいコンセプトのスタバ、
なんだか少し感動しながらお店を後にしました。

スタッフの皆さん、
スターバックスで働いていることに誇りを持っている感じで
とてもイキイキした雰囲気。

店内も広々、もちろんWifi完備です。
(レシートにパスワードが印字されています)

最近は旅行先としてもメジャーになってきたマレーシア。

クアラルンプール近くにお出かけの際は、
ぜひバンサーの手話の使えるスタバに立ち寄ってみてください。

ちょっと珍しいスタバ体験になること間違いなし。

おいしいレストランやバーも周りにいっぱいありますよ♪

 

 

スポンサーリンク